トリアとケノンを徹底比較!産毛や髭に効果があるのはどっち?

更新日:


『トリアとケノン、料金が安いのはどっち?』
『トリアとケノン、脱毛効果が高いのはどっち?』
『トリアとケノン、痛みが少ないのはどっち?』
『トリアとケノン、ヒゲに効果があるのはどっち?』
『トリアとケノン、VIOに効果があるのはどっち?』

トリアとケノンは、どちらの脱毛器がおすすめなのか?コスパで選ぶべきなのか?効果で選ぶべきなのか?

こちらでは購入前に役立つ価格、効果、痛み、範囲などに関する疑問を比較しているので、悩んでいる人は参考にしてください<m(__)m>

トリアとケノンの違いは何?

トリア ケノン
脱毛方法 レーザー脱毛 IPL脱毛
(フラッシュ脱毛)
カートリッジ交換 カートリッジ交換不要 カートリッジ交換必要

トリアとケノンの大きな違いは、ケノンは制毛処理を目的とするIPL脱毛なのに対して、トリアは永久脱毛を目的とするレーザー脱毛が自宅で可能なことです。

ケノンはカートリッジ交換タイプの脱毛器なので、カートリッジ交換をおこなえば何度でも自宅で脱毛が可能ですが…

トリアはカートリッジ交換不要タイプの脱毛器なので、打ち切ったら消耗品になります。

長く愛用したいならケノン打ち切りタイプで十分ならトリアがおすすめです。

トリアとケノン、価格が安いのはどっち?

トリア ケノン
価格 54,800円
(送料無料)
69,800円
(送料無料)
追加料金 カートリッジ交換不要 エクストララージ:9,800円
ラージ:7,700円
スキンケア:6,800円
ストロング:9,800円

カートリッジ交換必要

・トリアの本体価格は54,800円(送料無料)
・ケノンの本体価格は69,800円(送料無料)

本体の価格だけで比較したら、トリアの方が15,000円も安い!

ケノンは確かに本体価格がトリアに比べると高いのですが、カートリッジ交換をおこなえばずっと自宅で脱毛が可能です。

一方トリアは、ケノンに比べるとカートリッジ交換の必要もないので料金は安いのですが、打ち切ってしまえば消耗品です。

自己処理の必要がないくらいまで脱毛がしたいならカートリッジ交換が必要なケノン、ある程度のムダ毛がなくなればいいのであればトリアがおすすめです。

・料金は安いが消耗品→トリア
・料金は高いが何度でも脱毛可能→ケノン

トリアとケノン、脱毛効果が高いのはどっち?

トリア ケノン
脱毛効果 レーザー脱毛

脱毛効果が高い

永久脱毛
IPL脱毛
(フラッシュ脱毛)

脱毛効果が低い

制毛処理

トリアとケノン、脱毛効果が高いのはトリアです。

トリアは家庭用脱毛器で唯一、クリニックと同等の脱毛方法(レーザー脱毛)でムダ毛処理を行うことができます。

レーザー脱毛というとクリニックでしか使用できませんが、トリアは家庭でも安心して使用できるように照射パワーをおさえた脱毛器なので、安心して使用できるつくりになっています。

ケノンはIPL脱毛なので、レーザー脱毛に比べると効果は劣りますが、カートリッジ交換をおこなえば何度でも脱毛ができるので、長期間ムダ毛が生えてこない期間は維持できます。

・家庭用脱毛器の中で一番脱毛効果が高い→トリア
・長期間の使用をすれば高い脱毛効果が維持できる→ケノン

トリアとケノン、痛みが少ないのはどっち?

トリア ケノン
脱毛方法 レーザー脱毛

痛い
IPL脱毛
(フラッシュ脱毛)

痛くない
痛みの程度 太い毛が生えている部分に関して特に強い痛みあり ほんのり暖かい
部位によって輪ゴムをはじいた程度の痛みが一瞬あり

トリアとケノン、痛みが少ないのはケノンです。

ケノンは、毛の成長を一時的に抑える制毛処理を目的として脱毛をおこなうので、痛みはほとんど感じません。

一方トリアは、毛根を破壊することにより脱毛効果を得るので、激しい痛みをともないます。

特に髭やVラインなど、毛根が深く太い毛が生えている部分は痛みが強い!

・痛い→トリア
・痛くない→ケノン

トリアとケノン、髭に効果があるのはどっち?

トリア ケノン
範囲 鼻下

アゴ

ほほ
鼻下

アゴ

ほほ
回数 鼻下:1回/25ショット
アゴ:1回/50ショット以上
ほほ:1回/使用不可
鼻下:1回/3ショット
アゴ:1回/5~10ショット
ほほ:1回/10~20ショット
連射機能 ワンショット/3連射/6連射
レベル調整 1~5レベル 1~10レベル

トリアとケノン、髭に効果があるのはトリアです。

髭は、毛根が深く太くてしっかりとした毛が密集して生えているので、他の部位に比べると脱毛効果が出にくいうえに激しい痛みをともないます。

照射パワーが弱いケノンでは何度も何度も使用しないと効果がありませんが、照射パワーが強いトリアならケノンより早い効果が実感できます。

ケノンとトリア、髭に効果があるのはトリアですが、照射面積が狭いトリアは5mmずつずらしながら照射をしないと照射漏れの恐れがあるので、髭だけでもかなりの時間がかかります。

一方…ケノンは照射面積が広いので、鼻下だけなら3ショットと短時間での照射が可能です。

脱毛効果はトリアに劣りますが、連射機能&レベル調整が可能なケノンのほうが肌に優しく痛みをおさえた髭脱毛が可能です。

トリアとケノン、Iライン脱毛ができるのはどっち?

トリアとケノン、共にIライン脱毛はできません!

理由は、IOラインはもともと色素沈着があり皮膚が薄く照射範囲が狭いので、自分で脱毛をするには火傷の恐れがあり危険だから!

ケノンとトリアに限らず、家庭用脱毛器全般がIラインやOラインの脱毛ができないので、IOラインのムダ毛をなくしたいなら脱毛サロンやクリニックに通ってお手入れをしてもらいましょう。

トリアとケノン、産毛に効果があるのはどっち?

IPL脱毛、レーザー脱毛にしても、黒色の色素に反応する光を当てて脱毛効果を得る仕組みなので、細くて色素が薄い産毛は効果が出にくい!

産毛は細くて柔らかい毛なので、太い毛に比べると脱毛回数&時間が多くなり、効果が実感できるまでには時間がかかりますが、効果が出ないわけではありません。

産毛に該当するのは…

二の腕や背中、おなか、太もも、お尻手の甲、顔など。

細くて薄い産毛は、照射パワーが強いレーザー脱毛をおこなうと、毛が増える『増毛化』や毛が太くなる『硬毛化』といったリスクを伴う場合があります。

安全な産毛脱毛の効果を求めるなら、照射パワーが弱いケノンがおすすめです。

トリアとケノン、美顔器として使えるのはどっち?

トリア トリア
美顔器 不可能可能
可能

シミ、くすみ、シワ、ニキビ、肌荒れ対策可能

トリアとケノン、美顔器として使えるのはケノンです。

ケノンで使用されているIPL脱毛は、もともとエステサロンなどでニキビ跡やシミ、くすみ、赤ら顔などの改善目的として使用されてきたマシンなので美肌効果が期待できます。

使い方も簡単で…

ケノンはカートリッジ交換タイプの家庭用脱毛器なので、カートリッジ部分をスキンケア用に交換するだけで美顔器としても使用できます。

光が弱くなればカートリッジを交換するだけで新品同様の効果が得られるので、本体が壊れない限りずっと美顔対策が可能です。

顔だけでなく体にも使用できるので、首や背中、足、腕、手の甲など脱毛後の肌ケアとしても使用可能です

トリアとケノン、照射面積が広いのはどっち?

トリア ケノン
照射面積 1.0cm×1.0cm=1㎠

狭い
広範囲の脱毛はイライラ
3.7cm×2.5cm=9.25㎠

広い
広範囲の脱毛も楽々

トリアとケノン、照射面積が広いのはケノンです。

ケノンはカートリッジの種類にもよりますが、どれもトリアに比べて照射面積が広い!

・プレミアムカートリッジ 7.0㎠
・エクストララージカートリッジ 9.25㎠(←家庭用脱毛器でも最大の大きさ)
・ラージカートリッジ 7.0㎠
・ストロングカートリッジ 4.5㎠
・スキンケアカートリッジ 4.5㎠

ケノンは照射範囲が3.7cm×2.5cmの長方形なので、横にずらしながら照射をすれば照射漏れの心配はありませんが…

トリアは1.0cm×1.0cmの円形なので、5mmずつずらしながら重ねて照射をしないと照射漏れの恐れがあるので広範囲の脱毛には向いていません。

トリアとケノン、重いのはどっち?

トリア ケノン
重さ 584g
120g

トリアとケノン、重いのはトリアです。

トリアはハンドピース自体が本体なので、ケノンと比べると重くなっています。584gというと、500mlのペットボトルと同じくらいの重さなので、長時間の脱毛となると手が疲れます。

トリアの公式には…

・太もも:片方600回、25~30分
・ひざ下:片方600回、25~30分

と書かれているので、片足だけで1200回、1時間もかかります!両足だと2400回、2時間もかかるので重くて手が疲れます。

ケノンはスマホ程度の重さで、片足10分、両足で20分程度で照射ができるので、手がだるくなる心配もなく軽い!

トリアとケノン、音がうるさいのはどっち?

トリア ケノン
消音機能 なし
あり

トリアとケノン、音がうるさいのはトリアです。

ケノンは肌に当てるとカチッカチッという音のほかに、冷却ファンの回る音がします。

ミュートモードにするとカチッカチッという照射音(気にならない程度の音量)、冷却ファンの回る音は鳴りますが、本体側で鳴るレベル調整の音は消えますが。

トリアにはミュートモードがないので、レベル調整の音、ビッビッビッという照射音、ファンの回る音はそのまま鳴ります。(音が大きい!)

ケノンにはミュート機能があるので、夜間に使用する場合は音を消して使用すれば誰にもバレずに脱毛ができます。

トリアとケノン、不要になった脱毛器の下取りしてくれるのはどっち?

トリア ケノン
下取り なし
あり

トリアとケノン、不要になった脱毛器の下取りしてくれるのはケノンです。

ケノンでは購入時に、買い物かごの備考欄に『下取種類』と『口座情報』を記入する欄があるので、記入するだけでいらなくなった脱毛器を買い取ってもらえます。

・スムーズスキン 8,000円
・コスビューティー 8,000円
・シルクエキスパート 8,000円
・Santasan 1,500円

トリアには下取り制度自体がないので、脱毛器の買い取りはありません。

トリアとケノンの併用は可能?

トリアとケノンの併用は可能ですが…金銭的に余裕のある人向き

2台も家庭用脱毛器を購入するなら、脱毛サロンに通って脱毛するのもありです。

家庭用脱毛器 脱毛サロン
ケノン69,800円+トリア54,800円=124,600円 例)銀座カラー全身脱毛し放題197,650円
(例)キレイモ全身脱毛6回114,000円

価格的には脱毛サロンのほうが高いけど…IOラインや顔全体の脱毛ができるので、お金に余裕がある人は脱毛サロンもおすすめです。

予約を取って通えない人や、近くに脱毛サロンがない人の場合は、ケノンとトリアの併用もありです。

照射面積の広いケノンで全身脱毛をおこない、照射面積の狭いトリアで脇や髭、vラインといった頑固なムダ毛が生えている部分に使用するといった使い方がおすすめです。

まとめ

トリアとケノンは、どちらの脱毛器がおすすめなのか?コスパで選ぶべきなのか?効果で選ぶべきなのか?

コスパ ケノンはカートリッジ交換をすれば何度でも脱毛ができる
脱毛効果 何度も使用することを考えると、照射面積が広く部位によってカートリッジ交換ができるケノンのほうが脱毛効果が高い
痛み ケノンは1~10段階調整が可能
使いやすさ ケノンは操作方法が大型ディスプレイで見やすい
重さ ケノンはスマホ程度の重さしかないから軽い
ケノンは消音機能があるから静か

トリアとケノンを比較した結果…

髭や脇だけといったピンポイント脱毛ならトリアで十分だけど、購入するなら全身脱毛も短時間ででき、太い毛も細い毛も全部オールマイティに脱毛ができるケノンがおすすめです。

>ケノンの公式サイトを見る
>トリアの公式サイトを見る

人気記事

1

目次1 ケノンの効果・副作用について徹底調査しました!本当に効果あるの?1.1 新型ケノンCT(カートリッジ)新発売1.2 家庭用脱毛器ケノンについて1.3 家庭用脱毛器ケノンの購入ポイント1.3.1 ...

-家庭用脱毛器

Copyright© ケノン情報館 , 2018 All Rights Reserved.